バイセル 江戸小紋の買取相場

江戸小紋とは、着物全体に細かい同じ模様が繰り返された型染の着物です。

遠目では色無地のように見えます。

元々、江戸小紋は、江戸時代に武士の裃(かみしも)に用いられていました。

江戸小紋は、紋があるか、合わせる帯がどんなものかによって、フォーマルにもカジュアルにも幅広く使えます。
(ただし、フォーマルには格の高い小紋である必要があります)

着る機会が多く、上品な江戸小紋は、嫁入りの際に用意した方も多いと思います。

しかし、なかなか江戸小紋の着物を着る機会もなく、タンスの奥にしまったままという方も結構いるかもしれません。

着る機会の少ない江戸小紋を整理したい、買い取ってもらいたいと思うあなたの為に、江戸小紋を買取りしてもらう時の買取相場を調べてみました。

江戸小紋の買取相場はどのぐらい?

江戸小紋は、無地のように見えますが、白目(白い部分)があるので、意外に汚れが目立ちます。

保管状況が悪いと、せっかくの白目が黄ばんでしまうことがあります。

また、襟元、袖口、裾の汚れに気づかず、手入れをしないでしまい込むと、変色してしまうこともあります。

江戸小紋は、着物愛好家の間では根強い人気があります。

というのも、年齢、既婚未婚に関係なく、様々なシーンで着ることができるからです。

サイズの大きなもので状態がよいものなら、高い値段で買取できるかもしれません。

また、人間国宝、伝統工芸士、作家ものは高値がつく可能性が大きいです。

証紙がついていればさらに高値が期待できます。

たとえノーブランドでも、数百円~数千円までの範囲の値段がつく場合もあります。

具体的な買取参考価格

・正絹(鮫模様江戸小紋):15000円~
・正絹(玉縞江戸小紋):30000円~
・正絹(武田菱模様江戸小紋):50000円~

上記は、あくまで一例です。

着物の状態に寄って、買取価格は上下します。

まとめ

着物愛好家に人気が高い、江戸小紋の買取価格の相場をまとめてみました。

人気があるということは、リサイクル着物として需要があるということなので、買取価格にも期待が持てます。

もし、着ていない江戸小紋を持っていて売ってみようかなと思われたら、着物のことに詳しいプロがいる着物買取専門店のバイセルで査定してもらうと安心です。

査定は無料、あなたの負担はありません。

金額に不満なら、キャンセルも可能なのでお気軽に問い合わせしてみるといいですよ。

自分が持っている記念硬貨やコインが売れるのか?

いくらで買い取ってくれるのか、知りたい方の相談にも答えてくれるので、気になる方は、気軽に電話してみるとよいでしょう。

バイセル 絣(かすり)の買取相場
バイセル 上布 着物の買取相場

関連記事一覧