バイセル 絣(かすり)の買取相場

絣(かすり)は、織物の技法のひとつで、前もって染め分けた経糸(たていと)と緯糸(よこいと)を使って織りあげていき紋様を表しています。

丈夫で長持ちする絣は、おしゃれな普段着として人気があります。

また民芸調の風情は、なかなかいいものです。

しかし、おしゃれに着こなすのは結構難しく、買ったはいいけど袖も通していない方も結構多いと聞きます。

着物の断捨離を決意した方の為に絣を買取に出す場合の買取参考価格を調べてまとめました。

絣の買取相場はどのぐらい?

天然灰汁発酵建ての本藍染めの絣は、藍の効果で虫がつきません。

ところが、風を通さずタンスに入れたままだと、カビが生えることがよくあります。

カビが生えてしまったら、リサイクル着物として売る前に、丸洗いや洗い張りをする必要があるのでコストがかかってしまいます。

絣は着物が好きな人たちの間では、気軽にカジュアルに着れるので人気が高いです。

さまざまなシーンで活躍するからです。

大きなサイズや未使用品、または使用頻度が低いもの、人間国宝、伝統工芸士、作家もの、人気産地の証紙があるものは高値が期待できます。

想像以上の値段がついて、思わぬ臨時ボーナスになることだってあります。

たとえノーブランドの絣でも、1000円~数千円までの値段がつくことがあります。

実際の買取参考価

・伊予絣(本藍染):10000円~
・久留米絣(天然藍染):50000円~
・薩摩絣(正藍染):30000円~

これらは、あくまで一例です。

着物の状態によって値段の上下があります。

まとめ

絣の買取価格の相場をまとめてみました。

着物を買取に出したときの価格は、その着物がリサイクル着物として売れるかどうかにかかっています。

絣は人気のある着物なので、着物の状態さえよければ高値が期待できます。

着物のことを十分知り尽くした査定士のいる着物買取専門店のバイセルに査定してもらうと安心でしょう。

全て無料で、一枚からでも査定してもらえるので、お手軽に査定してもらいましょう。

あなたが着物を持ち込まなくても、自宅に着物の鑑定士が来てくれますし、宅配でも簡単に送れるので、そういう方法を検討してみてはいかがでしょう。

着物は古いものでも確実に売れるので、

自分で判断せず買取業者に査定を申し込み、見積もりだけでも依頼するとよいでしょう。
値段だけ知りたい方でもOKです。

せっかく売ろうとする着物なので、高く買い取ってもらいたいと思いますが、

安く買い取られる事だけは避けたいものです。

バイセル 紬(つむぎ)の買取相場
バイセル 江戸小紋の買取相場

関連記事一覧