バイセル 銘仙(めいせん)の買取相場

銘仙(めいせん)は平織の絹織物です。

大正から昭和にかけて、女性の普段着やオシャレ着として一大ブームを巻き起こしました。

レトロかわいい銘仙の柄は、若い着物愛好家の間ではとても人気があります。

かわいいからと購入したけれど、柄が若すぎて着られなくなって、そのままにしているという方もおられるかもしれません。

人気がある銘仙なので、捨ててしまうには忍びない、売れるなら売りたいという方のために、買取相場を調べてみました。

◯銘仙の買取相場はどのぐらい?

一大ブームを呼んだ銘仙なので、当時は大量生産されています。

銘仙は本来絹織物ですが、絹ではない再生繊維のものもあります。

それは、絹織物に比べると弱く破れやすいという欠点を持っています。

銘仙の柄は、幅広く、伝統柄に限らず、レトロな中にモダンな雰囲気があり、カラフルでとてもかわいいです。

女子会や、着物同好会、ショッピング、デートなど楽しいお出かけにぴったりです。

サイズが大きく、未使用または使用頻度が少ないものなら、高く買い取ってもらえる可能性もあります。

また、伊勢崎銘仙などのように人気産地で、高度な技術で作られているものなら高価買取されることもあります。

まして、証紙付きならさらにアップします。

たとえノーブランドでも、数百円~数千円で買い取ってもらえることもあります。

〇銘仙の具体的な買取参考価格

・絹(足利銘仙):8000円~
・絹(秩父銘仙):8000円~
・絹(伊勢崎銘仙):20000円~

上記は、あくまで一例です。

銘仙の状態によって、買取価格は上下します。

〇まとめ

銘仙は、レトロモダンでポップな柄が人気です。

ただし、手間がかかる銘仙は、今や希少品となっています。

人気があるので、買取価格もある程度期待が持てます。

もし、銘仙を買い取ってもらいたいとお考えなら、着物のことをよく知っているプロがいる着物買取専門店のバイセルに査定してもらうと安心です。

電話やネットで簡単に申し込めるバイセルなら、一枚からでも査定してもらえてキャンセルも無料です。

その場で現金で買い取ってもらえるので、一度申し込んでみてはいかがでしょう。

リサイクルショップには絶対持ち込まないでください!

安く買いたたかれてしまうので、損してしまうことになりますよ!

バイセル 上布 着物の買取相場
バイセル 更紗の買取相場

関連記事一覧