バイセル 御召縮緬(お召着物)の買取相場

〇御召縮緬(お召着物)とは

御召縮緬(お召着物)は和服に用いられる絹織物の一種で、略礼装、おしゃれ着として人気があります。

羽二重同様、最高級素材なので経済産業省の伝統的工芸品に指定されています。

第11代将軍徳川家斉が特に好んで着たということで、「御召」と呼ばれるようになりました。

アンティーク着物やレトロな古典柄を好む若い着物ファンの間では、訪問着や小紋が人気でしたが、

最近では御召縮緬や銘仙に人気が変わっています。

 

〇お召着物の買取相場はどのぐらい?

御召縮緬は、生地の性質上、水にぬれると生地が収縮してしまいます。

食事や雨などで濡れたことを知らないままタンスにしまってしまうと、

全体が湿気を吸って縮んでしまうことがあります。

そのようなお召着物は、買取価格が安くなります。

水に当たって縮んでしまった着物は、湯のしという方法で伸ばし治す必要があります。

元々は価値のあるお召着物であっても、加工しないと販売できないので、買取価格は低くなってしまいます。


〇実際のお召着物の買取価格の相場は?

どんな着物でも、一般的な相場というものはありません。

1枚1枚の着物の状態によって買取価格は大きく差があります。

大きなサイズのものや、未使用品、人間国宝、作家ものなどは高い値段がつくことが期待できます。

特に証紙付きなら、高値がつくかもしれません。

ノーブランドのもので、500円~1000円前後です。

伝統工芸士の御召縮緬(お召着物)などは、着物ファンやおしゃれな目の肥えた人には垂涎のまとですから100000円を超えるものもあります。

〇御召縮緬(お召着物)の買取参考価格

・正絹(西陣織お召し):8000円~

・正絹(白鷹お召し):30000円~

・正絹(経錦紬お召し):100000円~

これらは、あくまで一例です。着物の状態によって値段は変動します。

 

〇まとめ

お召着物の買取相場をまとめてみました。

着物を購入するときは高額な金額で購入しますが、時間が経つとともに買取価格は下がっていきます。

なのでどういう風に保存されているか、着物の状態が大きなカギになります。

正直なところお召着物は、他の着物に比べて人気が無いので、なかなか高い買取価格は望めません。

しかし着物のことをよく知っている査定士がいるバイセルなら、安心して査定してもらえます。

電話1本で簡単に申し込みができます。

全て無料で査定してもらえるので、試しに査定してもらってはいかがですか?

バイセル 振袖の買取相場
バイセル 小紋の買取相場

関連記事一覧