バイセル 絞りの着物 買取相場

絞り着物とは、布を糸や器具で挟んで部分的に染まらないようにして模様をつけた染めの着物です。

着物になじみのない方にとっては、絞りの着物は古風に見えるかもしれません。

しかし、絞りの着物の中でも総絞りの着物は、とても高級品で高価な着物になります。

そんな絞りの着物も時代の変化からか、着る方も少なってきました。

着ることのない絞りの着物を持っていてもしょうがないので、売る方も増えています。

絞りの着物を買い取ってもらう場合、買取価格の相場はどのぐらいなのか調べてまとめてみました。

絞りの着物の買取相場はどのぐらい?

絞りの振袖を成人式に作ってもらったけれど、着る機会がなくタンスの肥やしになっている方も多いと思います。

これから先も着ることはないと思うので、売れるうちに売ってしまいたい方の為にまとめてみました。

・保管状態はどうか?

絞りは、圧倒的な存在感と華やかな色合いが魅力です。

正しく保管されていない場合、せっかくの絞りの魅力が半減してしまいます。

また、シミがついてしまったら、せっかくの絞りも台無しです。

そんな場合は、買取価格が下がることは止むを得ません。

絞りは、手間暇かけて丁寧に作られているため高額着物です。

なかなか手が出ない絞りの着物も、中古なら手が出せるので需要はあります。

特に大きなサイズや、未使用品や使用回数が少ない状態がよいものは高値が期待できます。

また、人間国宝、伝統工芸士、作家ものなら、驚くような価格がつくこともあります。

たとえ、ノーブランドでも、状態が悪くなければ数千~10000円前後で買い取られることが多いです。

具体的な買取参考価格

・正絹(辻が花染め):21000円~
・結城紬(手加工絞り染め):50000円~
・正絹(辻が花染め):100000円~

これらは、あくまで一例です。

着物の状態によって、買取価格は変動します。

まとめ

絞りの着物は、購入しようと思うと高価でなかなか手が出せないので、中古の着物はある程度需要が見込まれるため、状態が良ければ高い値段が期待できます。

せっかくの絞りの着物ですから、その着物の価値を正当にわかってもらえる、着物に詳しい査定士のいる着物買取専門店バイセルなら、安心して査定をお願いできます。

一枚からでも査定してもらえるので、お気軽に申し込んでください。

電話1本で査定に来てくれるので、着物の状態が良いうちに買い取ってもらうのがおすすめです。

絞りの着物は高額査定も期待できるので、譲り受けた着物の中にそのような着物も紛れているかもしれません。

自分で判断せずバイセルに査定を申し込み、見積もりだけでも依頼するとよいでしょう。

バイセルの着物買取について
バイセル 紬(つむぎ)の買取相場

関連記事一覧