バイセル 付下の買取相場

付下げは訪問着を簡略化した着物で、訪問着に準ずる正装の着物です。

付下げは訪問着より模様が少ないのが特徴となっています。

訪問着より少しカジュアルなので、おでかけやお茶席、入学式から準礼装まで
さまざまな用途に使える着物です。


既婚未婚を問わず着ることができるので、購入する方も多いかもしれませんが、

ついつい着るチャンスを失い、タンスの肥やし状態になっている方も多いと思います。


そんなあなたのために、付下げの買取相場はどのぐらいか、どこで買い取ってもらえばお得になるのかを説明しましょう。


〇付下げの買取相場はどのぐらい?

着物の買取相場は、それぞれの着物の状態によって買取価格に大きな差が生じます。

いったいその差は、どこから生まれるのでしょうか?


・未使用品や保存状態がいいもの

一度も袖を通していない、まだしつけ糸がついているようなものや、反物のままなら高い値段が期待できます。

一方、保管状態がよくなく、カビが生えたり、シミが出たり、虫食い穴があるものは、当然高い値段は期待できません。

値段がつかないことさえあります。

シミの位置によっては、着たら隠れる場合、買い取ってもらえることもあります。


・証紙がある

着物や帯の産地や品質を保証するものが、反物の端に貼られています。

それが証紙です。

紙があれば、買取価格はアップします。


・実際の買取価格は、数百円~数万円まで

付下げの人気は根強いですので、需要はありますから、買い取ってもらいやすい着物と言えます。

小さいサイズや保管状態が悪いもの以外なら、数千円ほどの値段がつくかもしれません。

証紙のついた未使用品、作家ものなどは数万円以上が期待できることもあります。

実際の買取価格の例をご覧ください。

刺繍格子模様、未使用品(400000円)の付下げ訪問着なら、40000円ぐらいになります。

ただ、何度も言いますが、着物は一点一点状態が異なります。

あくまで現物を見てからの買取価格になります。


まとめ

着物買取専門店でも、着物のリサイクルショップでも付下げは、人気がありますから、買取に出しても買い取ってもらいやすいです。

ただ、着物の買取値段は、その着物の状態によって左右されますので、着物のことをよく知っているプロがいる着物買取専門店にお任せすると安心できます。

査定は無料ですし、一点からできますから、お試しのつもりで一度査定を受けてみるのも手かなと思います。

納得できれば買い取ってもらい、納得できなければ買い取ってもらわなくても費用は掛かりませんから安心です。

バイセルで着物の買取

バイセルでは若くて、着物の知識が豊富な鑑定士が丁寧に査定してくれて、なぜその金額になるのかも丁寧に教えてくれるので、買取を希望する方は皆さん納得して買取をお願いしています。

しかも、電話1本で最短30分で自宅まで来てくれるので、手間無しで簡単に不要な着物が現金に変わります。

バイセル 色無地着物の買取相場
バイセル 訪問着の買取相場

関連記事一覧